• ホーム
  • クリニックのジスロマックと消毒について

クリニックのジスロマックと消毒について

ジスロマックは性病の一つであるクラミジアの治療としてよく使われる薬であり、クリニックで処方を受けることができます。
性病は感染してもすぐに症状が出ないことが多く、気づかないうちに感染を広げてしまうことがあります。
ちなみに、クラミジアなどの性病は粘膜の接触によって感染するため、喉にも感染することがあります。
喉に感染しやすいのは淋菌とクラミジアによる感染であり、喉の腫れや痛み、発熱などの症状が出てしまうことがあります。
風邪と症状が似ているため、性病にかかってしまったことに気付かず、放置してしまう人も多いです。

うがい薬による消毒は喉の性病感染の予防になるのか気になっている人もいるかもしれません。
風邪の予防にはうがい薬による消毒が良いと親に言われて育ってきた人も多いでしょう。
ちなみに、うがい薬による消毒は風の予防にはなっても性病の予防にはならないということです。
喉に感染するのは淋菌やクラミジアが多いということですが、これらの菌はうがい薬で殺菌することができません。

うがい薬にはそれほど強い殺菌力はないため、やはりクリニックでジスロマックなどの薬を処方してもらった方が良いのです。
医療用のうがい薬なら効果が高いですし、性病の感染予防に効果があるのではないかと考えている人もいるかもしれません。
しかし、医療用のうがい薬は性病予防のために使われるわけではないですし、明確な根拠があるとは言えないのです。
ジスロマックはクラミジアの治療に高い効果があるとされており、このような薬を使うことでクラミジアを確実に殺菌することができるでしょう。
ジスロマックを手に入れるためにはクリニックで診療を受ける必要があります。

関連記事
人気記事一覧