• ホーム
  • 女性器から臭いを感じたときの接し方とジスロマック

女性器から臭いを感じたときの接し方とジスロマック

薬のケース

異性との性行為によって、何らかの性病に感染してしまうと、自覚症状がほとんど出なく気づかない場合もありますが、多くの場合性器の周りに何かしらの異常が出ることが多いです。
女性の場合は特に男性と違って妊娠をするための特殊なからだの構造を持っているので、人体に寄生する病原性の微生物にとっても、大変住みやすい環境になっている可能性があります。

例えば女性がクラミジアにかかってしまった場合、おりものからくさい臭いがしたり、性行為の際に痛みを感じたりするため、それと分かるケースがあります。
しかし、おりものの臭いは他の感染症にかかった場合でも発生することがあるので自己判断ではわかりづらく、病院に行って検査をした方が良いと言えます。
性行為の際に男性は、もし女性の性器から臭いを感じたときは、女性が性病に感染している可能性を考えて伝えた方が良いでしょう。
言いづらいかもしれませんが、それが正しい接し方と言えます。
クラミジア感染症にかかっていた場合は、ジスロマックなどの感染症な有効な薬が処方されます。

ジスロマックは、幅広い細菌の感染症に有効な薬です。
妊娠した女性や子どもでも使用できる安全な薬で、副作用も少ないのが特徴です。
服用の仕方は、1回に1000mgを飲むことによって、7日間有効となりますので、飲み忘れのない便利な薬です。
もしも胃が弱く副作用の心配がある場合は、500mgを3日に分けて服用しても問題ありません。
この7日間で、約90%の細菌か死滅します。
ジスロマックの副作用として報告がある例としては、発熱や嘔吐、腹痛、下痢など主に消化管関係があります。

副作用が出にくいと言っても、他の薬との飲み合わせなどで重大な副作用に発展してしまう恐れもありますので、自己判断で服用せず医師に相談をして使用をするように心掛けましょう。

関連記事
人気記事一覧