• ホーム
  • AIDSや腫瘤検査でクラミジアはジスロマックを服用

AIDSや腫瘤検査でクラミジアはジスロマックを服用

クラミジアは日本で一番感染者が多いと考えられている性感染症で、HIVに感染する確率が高くなるものとして知られています。
AIDSやクラミジアなどの性感染症の検査は、病院や保健所などで受けることが可能で、自宅で検査することができるSTDチェッカーというものも開発されています。
これらの性感染症の検査では、腫瘤を見つけて良性か悪性かを調べることもできます。

AIDSの検査の他に、腫瘤などを発見できるがん検診、妊婦検診などを受けることで発見されることが多いものがクラミジアです。
クラミジアは感染していても、おりものが増えたり、生理痛などの体調不良と勘違いしてしまい、自覚症状が少ない感染症であると言われています。
しかし、クラミジアを放置してしまうと、将来的に不妊症や子宮外妊娠になってしまう可能性がありますので、早めに治療しておくことが大切です。
クラミジアに感染しているときには、ジスロマックを服用することで治療します。

ジスロマックはクラミジア治療に有効な医薬品で、1回服用するだけで大半のクラミジア感染者を治療できます。
1回の服用だけで治療できることから、経済的にも負担の少ない治療薬と言えます。
ジスロマックはアジスロマイシン水和物が主成分で、細菌の感染症に高い効果を発揮します。
処方してもらうためには、婦人科や性病科、泌尿器科を受診することになり、薬局などで販売は行われていません。
どうしても病院に行かずにジスロマックを購入するためには、ネット上で運営が行われている通販サイトを利用することになります。
性病に感染していても、ネット上であればプライバシーが保護されますので、他人に知られることなく治療することが可能です。

関連記事